洋服の寄付なら

洋服 寄付

 

洋服の寄付をお考えですか?

 

ここでは洋服の寄付を考えていらっしゃる方に向けて、おすすめの寄付先をご案内しています。
洋服を寄付する場合、送料などお金がかかってしまうところが多いです。
寄付してもらった洋服を仕分けしたり、寄付先へ運送するのにもお金がかかりますから、送料も寄付の一部と考えてもらって負担してもらうというのが一般的です。
ただ、洋服の寄付を受付しているところの中には、送料無料、着払いOKだったり、クーポンなどがもらえて実質無料というところもあります。

 

ここでは洋服を寄付したいという方に向けて、送料無料、着払いOKで寄付できるおすすめの寄付先をご紹介します。
洋服の寄付を考えている方は、是非、こちらでご紹介しているおすすめの寄付先をチェックしてみてくださいね。


送料無料で洋服を寄付するならブランディアがおすすめ

 

洋服 寄付

 

>>ブランディアについて詳しくはこちら

 

洋服を送料無料で寄付するならブランディアがおすすめです。

 

ブランディアとはブランド買取サイトで、最近ではTVでもCMをよくやっているのでご存知の方も多いかもしれませんね。
菜々緒さんが「ブランド売るならブランディア〜♪」と歌っているあのCMです。
ブランド品や洋服などをダンボールに詰めて送るだけで査定から買取までしてくれるという宅配買取というサービスを一番最初にはじめたのがブランディアです。
このブランド宅配買取という市場は年々成長しており、ブランディアを運営している株式会社デファクトスタンダードという会社は、つい最近、株式の上場も果たし、非常に勢いに乗っています。

 

ブランディアは洋服の寄付数が世界第一位!

洋服 寄付

 

あまり知られてはいませんが、実はブランディアでは洋服の寄付活動もずっと継続的におこなっているんです。
お客さんから宅配買取の査定に出してもらった洋服のうち、買取不可なものについては、フィリピンなど発展途上国の恵まれない子供達やお年寄り達に寄付するという活動を継続して実施しています。

 

地道に洋服の寄付活動を継続した結果、今ではブランディアは洋服の寄付枚数が世界第一位になっているのだとか。
洋服の寄付枚数が世界第一位というのはギネス世界記録としても認められています。

 

洋服 寄付

 

こちらが実際にブランディアから洋服を寄付されたフィリピンの子供達の様子です。
このようにいらない洋服はブランディアを通して、フィリピンなど発展途上国の恵まれない子供達やお年寄り達に寄付として渡すことが可能なんです。

 

洋服の寄付を受付している団体はいっぱいありますが、中にはちょっとあやしい団体もありますよね・・・。
本当に寄付した洋服が、必要な人の手に渡っているのか不安に思うこともあるかと思います。
その点、ブランディアであれば洋服の寄付枚数が世界第一になっており、ギネスとしても認定されており、信頼できる実績があるので安心ですよね。

 

ブランディアでの洋服の寄付は完全無料でダンボールに詰めて送るだけでOK

洋服 寄付

 

しかも、ブランディアでの洋服の寄付は完全無料なんです。
寄付のための送料などは一切かかりません。

 

洋服の寄付を受付しているところは多くありますが、ほとんどのところでは送料は寄付する人の負担となっています。
寄付された洋服の仕分けのための人件費や、海外など寄付する先へ運送するためにはお金がかかるため、送料等はどうしてもかかってしまいます。
送料については寄付の一部だと思って負担するのが一般的だと思いますが、ブランディアでは洋服の寄付に必要な送料なども一切かかりません。

 

しかも、ブランディアで洋服を寄付するのはとても簡単です。
ブランディアで宅配買取として申込むと、ダンボールを送ってきてくれますので、そこに寄付したい洋服をつめて送り返すだけでOKです。
ダンボールにつめてブランディアに送るだけで洋服の寄付が送料無料で出来てしまいます。
こんなに簡単に送料無料で洋服を寄付できちゃうので、どうせ処分するつもりの洋服があったらブランディアに送っちゃうのがいいと思いますよ。

 

ブランディアで洋服を寄付する方法

洋服 寄付

 

ブランディアで洋服を寄付する方法は簡単です。
公式サイトから宅配買取を申込します。
ブランディアのこちらの公式サイトには洋服の寄付について触れられていませんが、きちんと寄付できるので問題ないです。

 

もともとブランディアでは買取不可の洋服について寄付するという方針になっています。
そのため、ブランディアで買取可能なブランド物の洋服である場合、その洋服そのものを寄付できるわけではないので注意してください。
その場合は、洋服そのものを寄付するのではなく、査定金額の一部をお金としていろいろな団体に寄付することになります。

 

洋服 寄付

 

ブランディアで買取可能なブランドかどうかについては、こちらのブランディアの取扱ブランド一覧で検索することが可能です。
こちらで買取不可とされているブランドの洋服については、ブランディアでは買取できないため、その洋服そのものをフィリピンなど発展途上国の恵まれない子供達やお年寄り達に寄付されることになります。

 

公式サイトから宅配買取を申込すると、宅配買取キットが送られてきます。
もちろん送料はかかりません。
宅配買取キットの中には、買取に関する説明パンフレットや着払い伝票などが入っています。
この着払い伝票を使えば、ブランディアを通して送料無料で洋服を寄付できるというわけです。

 

洋服 寄付

宅配買取キットのダンボールの中に、寄付したい洋服をつめてブランディアに送り返すだけで寄付できます。

ただし、運転免許証など身分証明書のコピーも送る必要があります。
個人情報が心配という方も中にはいらっしゃいますが、これは古物営業法という法律で定められていることになっています。
中古品を買取する場合には、そのお客さんの身分を証明するものを確認しないといけなという決まりがあるんです。
これは盗品などの買取を防ぐために定められていることのようです。
洋服の寄付の場合も同様のようなので、運転免許証のコピーなども同梱してブランディアに送るようにしましょう。

 

ブランディアに寄付したい洋服を送ると、数日で査定結果の連絡のメールが届きます。
査定結果については、ブランディアのマイページから確認することができます。
寄付したい洋服について買取可能な場合には査定金額が表示され、買取不可の場合には買取不可と表示されます。
ここで「買取」か「返却」を選べるのですが、買取不可の洋服については「廃棄」も選べるようになっています。
「廃棄」とされた洋服については、こちらの画面に表示されているように、フィリピンの恵まれない子供達やお年寄り達に寄付されるということになっています。
また、買取可能な洋服については、その査定金額の一部をお金として寄付することも可能です。

 

このようにブランディアを利用すると、送料無料でとても簡単に洋服の寄付が出来るんです。
洋服の寄付をお考えの方は、ブランディアを試してみることをおすすめします。

 

ブランディアについて詳しくは公式サイトをご覧ください。

 

洋服 寄付

 

 

フクウロでも洋服の寄付が送料無料で可能

 

洋服 寄付

 

>>フクウロについて詳しくはこちら

 

フクウロという古着買取サイトでも洋服の寄付が送料無料で可能です。
こちらもブランディアと同じように、寄付したい洋服をダンボールに詰めて送り返すだけで、送料無料で簡単に寄付することが出来ます。

 

フクウロは株式会社ベクトルが運営している古着買取サイトです。
株式会社ベクトルは、NPO法人であるグットネーバーズ・ジャパンと提携して、「リサイフク」という洋服の寄付の活動を実施しています。

 

ただし、送料無料で洋服を寄付するためには条件があります。
まず、北海道、沖縄、離島、海外以外からの寄付であること。
また、1回の寄付の場合に、なるべく大きなダンボール、具体的には3辺の合計が140cm以上の箱を利用することが条件になります。
こちらの条件を満たせば、送料無料で古着の寄付をすることが可能です。

 

洋服の買取サイトのフクウロとは?

洋服 寄付

 

フクウロとは、NPO法人グットネーバーズ・ジャパンと提携して「フクウロ」という洋服の寄付活動を実施している株式会社ベクトルが運営している洋服買取サイトです。
洋服などの古着買取サイトはいっぱいありますが、ほとんどはブランドものの洋服に特化しています。
前述のブランディアについても、ブランド物の洋服のみを買取しています。
ブランディアでは6,000種類以上のブランドものを取扱していますが、ユニクロやGU、ZARA、H&Mのようなファストファッションの洋服は買取NGとなっています。
ブランディアに限らず、ほとんどの洋服買取サイトでは、ユニクロやGU、ZARA、H&Mといったファストファッションの洋服は取り扱いしていません。

 

一方、フクウロではユニクロやGU、ZARA、H&Mといったファストファッションの洋服でも買取可能となっています。
その他にも無印良品、しまむら、西松屋といった、ほとんどノーブランドに近い洋服でも、フクウロなら買い取ってくれる可能性があります。

 

フクウロでのユニクロ買取実績はこちら

洋服 寄付

 

フクウロで取り扱いしている洋服のブランドはなんと1万種類以上!
買取の取り扱いしている洋服のブランド数は、フクウロが圧倒的にNo1なんです。
ユニクロやGU、ZARA、H&Mといったファストファッションの洋服だからどうせ売れない・・・と思う前に、とりあえずフクウロの無料査定を試してみるとよいと思います。

 

フクウロの洋服買取も完全無料です。
査定料、送料、買取手数料、返却料などは一切かかりません。
買取キャンセルして返却してもらう場合もお金は一切かかりません。
査定のみでも大丈夫です。
買取不可の洋服は寄付することも可能なので、とりあえずフクウロの無料査定に出してみることをおすすめします。

 

フクウロについて、詳しくは公式サイトをご覧ください。

 

洋服 寄付

 

 

無料で洋服を寄付できるサービス一覧

洋服 寄付

 

その他にも洋服を無料で寄付できるサービスはいろいろあります。
送料負担で寄付を受付しているNPO団体もいろいろありますが、ここでは無料で洋服を寄付できるところをまとめてみました。
意外と知られていないかもしれませんが、有名なお店でも洋服の寄付を受付しているところは結構あるんですよ。

 

洋服を処分するとしても、捨て方は意外とわからないという人も多いと思います。
燃えるゴミなのか、資源ごみなのか、お住まいの自治体によって洋服の捨て方も結構かわってきます。
どうせ捨ててしまうぐらいなら、無料で寄付してしまった方がいいですよね。

 

ここでは無料で洋服を寄付できるサービスについてまとめてみました。

 

 

ユニクロは洋服のリサイクル&寄付活動を実施中

洋服 寄付

 

意外と知られていないかもしれませんが、あのユニクロも洋服のリサイクル&寄付活動を実施しています。
ユニクロの店舗にはかならずリサイクルボックスが設置されているのをご存知でしょうか?
ユニクロでは着なくなった洋服を回収してリサイクルするという活動を実施しています。
回収された洋服は、世界の難民や災害被災民などで寄付されています。
ただし、ユニクロのリサイクル活動はあくまでも自社の洋服のみです。
ユニクロの商品または同じ株式会社ファーストリテイリングが運営しているGUの商品のみがリサイクル&寄付の対象となっています。
洋服なら何でも寄付できると思って、ユニクロやGU以外のものをリサイクルボックスにいれてしまうのは迷惑なのでやめましょう。

 

なお、ユニクロのリサイクルは全商品が対象です。
洋服だけではなく、ユニクロの商品ならなんでもリサイクルの対象となっています。
靴下や下着といったものでもリサイクル&回収の対象となっています。
とはいえ、実際に寄付として受け取ってもらうものなので、あまりにも汚いものはリサイクルボックスにいれるのはやめておきましょう。
寄付として誰かに着てもらう洋服なので、最低限の洗濯は当然必要ですし、もう着れなくなったような古着はダメです。
洋服を寄付するのなら、寄付する先のひとのこともきちんと考えないといけませんね。
ちなみにユニクロのリサイクル&寄付は無料で出来ますが、クーポンなどはとくにもらえません。

 

H&Mの古着回収サービスはクーポンもらえる

洋服 寄付

 

H&Mでも古着の回収&リサイクルを実施中です。
こちらは洋服の寄付というよりは、古着を回収して再販したり、繊維製品にリサイクルするという活動です。
H&Mの古着回収サービスのすごいところは、無料どころかクーポンをもらえるということ。
無料で洋服を処分できるだけではなく、クーポンももらえるなんてお得ですよね。
ただし、クーポンはH&Mで3,000円以上利用した場合にのみ利用できます。
H&Mでも洋服を購入するつもりなら、こちらの古着回収&リサイクルサービスを利用するとよさそうですね。
しかも、H&Mの古着回収&リサイクルサービスはH&Mの洋服に限っていません。
H&Mでなくとも、ユニクロやZARAといったほかのブランドの洋服でも回収OKです。
他社のブランドの洋服でもH&Mのクーポンをもらえるので非常にお得です。
洋服の寄付とはちょっと違うかもしれませんが、H&Mで3,000円以上購入する予定のある方は、こちらの古着回収&リサイクルサービスを利用するとよさそうですね。

 

古着deワクチンも実質送料無料で洋服の寄付できる

洋服 寄付

古着deワクチンも実質送料無料での洋服の寄付が可能です。
古着deワクチンは赤すぐnetが運営しているサービスです。
こちらもダンボールに寄付したい洋服をつめて送るだけで寄付が出来るというサービスです。
送った洋服は寄付されるだけではなく、開発途上国に安価で再販売されることで、現地で雇用も生み出します。
さらに古着deワクチンで送付された洋服1口につき、5人分のポリオワクチンが開発途上国の子供達に支給されます。
古着deワクチンを通して洋服を寄付すると、開発途上国の子供達の命を守ることが出来るということですね。
また、古着deワクチン自体は有料のサービスなのですが、箱なしの場合、1,080円となっています。
古着deワクチンを通して洋服を寄付すると、のちほど赤すぐnetで利用できる1000円分のクーポンがもらえます。
そのため、実質無料で洋服の寄付が出来るということになっています。
赤ちゃんが生まれたばかりのお母さんや、開発途上国の子供達にポリオワクチンを届けたいという方は、赤すぐnetの古着deワクチンを利用するとよさそうですね。


洋服の寄付を受付している団体はこちら!

洋服 寄付

不用品を整理していると必ずと言っていいほど出てくる、洋服。
自分はもう着ないけれど、まだ着られるものばかり。
できれば誰かに使ってほしいから、寄付したい。
でも、寄付とは言え、余計なお金がかかるのは抵抗がある。
無料で寄付できるところはあるのでしょうか。

 

寄付できる団体を探してみると、送料無料で送れるところはあまりありません。
寄付ということを考えると、当然と言えば当然ですが…。
数少ない、送料無料で寄付できるおすすめの団体を2つ、ご紹介します。

 

洋服が寄付できる団体「フクサポ」について

おすすめ1件目は、「フクサポ」です。
「フクサポ」は、古着のリユース・リサイクル業を運営する株式会社Kurokawaが、衣類のリユース・リサイクルとNPO法人テラ・ルネッサンスの支援をするプロジェクトです。

 

フクサポでは、まだ着用できる衣類全般を寄付できます。
子供服やスーツもOK!
靴や鞄・アクセサリーも寄付できます。

 

寄付する方法は簡単ですが、前述したとおり、少し条件があります。
まずは申し込みをして、自分で用意したダンボールに、衣類を詰めます。
その際、ダンボールのサイズと、衣類の量に制約があります。
ダンボールの大きさが120〜160cmサイズ以内(タテ、ヨコ、高さの合計)で、
できるだけたくさんの衣類を詰めること。

 

これが、無料で送れる条件になります。
要は、大きい箱にたくさんまとめて詰めて送ってね!ということですよね。
小さい箱でちょっとだけ送ったり、大きい箱に1着だけ、などという送り方はできません。
後は、佐川急便に集荷の依頼をして、箱を渡すだけです。

 

洋服が寄付できる団体「リサイフク」について

おすすめ2件目は、「リサイフク」です。
「リサイフク」は、NPO法人グッドネーバーズ・ジャパンと、
買取販売を行うリサイクルショップ「ベクトル」の取り組みです。

 

こちらも、フクサポ同様、少し条件はありますが、着払いで発送できます。
送れるものは、服、靴、バッグ、着物やアクセサリー、その他服飾雑貨となっています。
汚れや破損があるもの、付属品が足りないものはNGです。

 

申し込みをして、箱に衣類を詰めて、佐川急便の着払いで送ります。
ただし、着払いで送れるのは、3辺の合計が160センチ以内のサイズで、2箱までです。
なるべくまとめて送って下さい、との注意書きがあります。

 

このように、無料で寄付できる団体もあることはあります。
寄付する際は、寄付の方法をよく読んで、その団体が指定する方法に準ずる形で行うようにしましょう!

 

 

震災時に洋服を寄付したい!そんな時にはどうすれば良いの?

洋服 寄付

東日本大震災や、熊本地震…。
ここ数年で、日本でも大きな地震や災害が起きていますね。
何か力になれることはないだろうか、と考えた時、洋服はどうでしょう?
きっと誰もが考えることではないでしょうか。

 

しかし、洋服を被災地に寄付するというのは、実は難しいことなのです。

 

まず、洋服に限らず、「物」を被災地に送るのは、その地域で何が必要なのか、問い合わせて、相手側にしっかり確認を取ってからにするのが原則です。

 

なぜかと言うと、送る側が、善意で洋服などを送っても、相手側が必要としていなければ、無駄になってしまいます。
それどころか、不要なものを送られて、その仕分けや処分に余計な労力を使い、貴重な時間を割くことになります。

 

送る側が、「洋服があったら助かるだろう」と思っても、被災地側は「洋服はいらない」と思っているかもしれません。
せっかく寄付しようという気持ちがあるなら、相手のニーズに合ったものを送ることが大事です。

 

寄付は、何でも送ればいい、というわけではありません。
本当に、洋服が必要な時期は、おそらく被災してすぐだと思います。
津波や地震で、物が流されたり、下敷きになったり…。
洋服に限らず、物がなくなって、それを補給することができず、不足している時期ですね。
水が出なくて洗濯ができなくて…という時が、一番大変だと推測できます。
でも、その時期は、たとえ他の場所から洋服を送っても、交通網が遮断されていて、結局は届けることができません。
届けられるとしても、個人からの寄付ではなく、まとまった量を企業から届ける方が効率的ですしね。

 

もし、どうしても洋服を寄付したい!
ということなら、その洋服、売りましょう。
リサイクルショップやネットオークションなどで洋服を売って、そのお金を、寄付しましょう。

 

送っても、喜んでもらえるどころか、迷惑になりかねない洋服をそのまま送るより、お金に変えて送った方が、有益に使ってもらえることでしょう。
洋服を処分したいだけなのか、被災地の力になりたいのか…。
寄付する前に、よく考えて行動しましょう!


http://www.sell-foreign-coins.com/ http://www.kensingtonugg.org/ http://www.hoormanart.com/ http://www.fibropains.com/ http://www.cardsbymel.com/ http://www.tranypantyhose.com/ http://www.smacchiaservice.com/ http://www.massachusettslandforsale.net/ http://www.etuisblackberry.com/ http://www.daltonbaldwin.com/