東京で洋服を寄付をするなら。受付けている団体や店はココ。

洋服,寄付,東京

古くなった洋服、子供が大きくなって切れなくなった服、ベビー服など粗大ごみなどで処分されている方が多いと思いますが、もしこの処分するものを再利用できるならしてみたいと思いませんか?

 

それも日本ではごみとして扱われてしまう洋服などが、海外ではありがたく使ってもらえることができるのです。

 

しかも、ごみとして処分するのが心が痛むなんて人でも、誰かの役に立つのなら、洋服の処分も気持ちよくできますよね。

 

不用品が社会貢献になるのなら、ぜひやってみたいという方は、この記事を読んで実行してみてくださいね。

 

東京で洋服を寄付できる団体や店はここ

ではどのような手段をとればいいのかというと、団体先に郵送で寄付する方法や、お店に持っていき寄付する方法があります。
実際に、郵送での寄付受付を行っているところや、店舗受付しているお店をピックアップしてご紹介しますね。

 

古着deワクチン

不要なものを郵送して世界の子供にワクチンが贈られるサービスです。

 

3000円の回収キットを購入して郵送するシステムです。

 

 

ワールドギフト

 

使用済みの段ボールなどに不用品をいれて、郵便局か佐川急便の集荷のフォームをネットで申し込みます。

 

振込をして、希望日、希望時間帯に集荷にきた運送業者に渡せばいいのです。
発送料金は自己負担となります。

 

NPO法人ブリッジエーシアジャパン

不用品を段ボールにいれて送付先まで送ると、古着業者に買い取られてそのお金でミャンマーやベトナムでの活動資金に充てられます。
発送料金は自己負担となります。

 

NPO法人WE21ジャパン

直接物品を送ることはしておらず、販売した収益で海外に寄付をしているので、寄付するものが限られていますので注意をしてください。

 

衣類は季節のものであったり、靴、バックは未使用かそれに近いものであったり、日用品は新品のみと不用品でも限られたものですので、他の団体とは違っていますので、注意をしてくださいね。
発送料金は自己負担となります。

 

NPO法人日本救援衣料センター

下着、靴下、タオル、パジャマなどは新品のみで、衣類はシミや傷なしの洗濯済みのものを段ボールに詰めて、送付先までで送ります。
発送料金は自己負担となります。

 

また、送った衣類をさらに海外に送るための送料もこちら側が負担します。
約一か月後に払込取扱票が届きますので、振込先に送料分を支払います。

 

MOTTAINAIフリーマーケット

古着や古本などを東京、神奈川、埼玉や千葉で毎週末フリーマーケットを開催しているので、会場内の資源回収コーナーに投函します。
古着は次回のフリーマーケットで一枚100円で販売され、古本などは中古書店に郵送されます。

 

フリーマーケットの出店料の中から、7円が植林活動に寄付されます。

 

洋服ポスト

そのままの状態で着られる洋服などを、洋服ポストが開設されている会場の設置場所に入れてください。

 

ホームページに開設スケジュールが記載されていますので、チェックしてみてください。

 

寄付した洋服などはマレーシアの古着工場に届けられ、世界各地のフリーマーケットで販売されます。

 

株式会社ファーストリテイリング

ユニクロやジーユーのお店で販売した商品をリサイクル活動しています。

 

ユニクロやジーユーで販売した商品を店舗にて持っていくと、リユースとして世界中の洋服を必要としている人たちに届けることができます。
注意点としてユニクロやジーユーの商品のみしか寄付は受け付けていません。

 

他社の洋服を持っていっても寄付はできませんので、ご注意ください。

 

送料負担がなく洋服を寄付できる団体はある?

洋服,寄付,東京

たくさんの洋服や中古品の寄付ができる団体を紹介しましたが、送料負担なく洋服を寄付できる団体はあるのでしょうか?

 

先ほどご紹介した団体はすべて送料が送り主負担のものが多いです。

 

それだけでなく、海外輸送費として、振り込み金額が発生したり、専用の回収キットを購入したり、荷物の集荷料金が発生したりするので、無料で寄付できる団体はありませんでした。

 

やはり、そこは寄付をするという善意の元のことなので、仕方がないのかもしれません。

 

もし、関東にお住まいの方なら、フリーマーケットを開催しているスケジュールをみて、設置場所に入れれば、世界中のお役に立てられるのでいいかもしれませんね。

 

 

まとめ

洋服,寄付,東京

いかがでしたか。

 

たくさん寄付できる団体がありますよね。

 

今まで、ごみとして扱われていたものが、世界中でお役にたっているのなら、処分するのも悪くないなぁと感じました。

 

各団体によって、取り扱っている商品が違っていますので、よくホームページを確認してから郵送するようにしてくださいね。

 

なかには中古品でなく、新品同様のようなもの限定などもありますので、処分したいものがどの団体に合っているのかなど調べる必要もあります。

 

また、寄付という形ですので、送料や集荷料金、海外輸送費など振り込みするので金額が発生しますので、寄付という善意のもとご了承ください。

 

トップページ:洋服の寄付の詳細はこちら>>