古着の寄付はユニクロで出来る!お店のリサイクルボックスで回収してます

古着の寄付はユニクロで出来る!お店のリサイクルボックスで回収してます

 

カジュアル衣料品の生産と販売を行っている「ユニクロ」ですが、古着の回収を行いリサイクルやリユースを行う「全商品リサイクル活動」を展開していることを御存知でしょうか。

 

ユニクロは1984年に開店したユニセックスカジュアル衣料品店「ユニーク・クロージング・ウエアハウス」が始まりであり、2000年代にはそれまで低迷気味だった業績を改善する為、従来のパターンからグローバル企業の経営方式へ大きく変更し、「大量生産」と「販売の高収益体制」を築き上げました。

 

そんな中、CSR活動の一環として始めたのが全商品リサイクル活動で、ユニクロの衣類を少しでも長く着てもらえるようにすることは元より使用後の商品をリサイクルすることについても対応を開始しました。
活動開始当初は商品を裁断し、工業用繊維の材料などにするリサイクルでしたがそのほとんどがまだ着ることができるものばかりでした。
そこで、世界中の難民や自然災害などの災害被災者への支援として衣類を届けてきました。これまで50ヶ所以上の国や地域に1000万点以上の服を届けてきた他、衣類の価値をこれからも模索し続けていきます。

 

なお、着古した衣類はユニクロの各店舗にあるリサイクルボックスに入れることで寄付することができます。なお、ユニクロやジーユーが販売した全商品が対象となっており、例え古着であっても貰った人が気持ちよく使えるよう洗濯した状態で寄付を行うと良いでしょう。